Apple Watch 睡眠データが計測されない!土日にアラームを止めたのが要因でした【解決策あり】

  • Apple Watchで睡眠記録が計測されない!

ある朝、Apple Watchで睡眠スケジュールを確認すると、睡眠が記録がされていませんでした

調べてみると、土日にアラームを切る場合には、平日とは別の設定をする必要がありました。

土日だけ別の設定にしたい方のために、設定方法を解説します。

・iPadを使い倒すフリーランス
・妻は現役小学校教師でiPadを活用
・前職は補償関連に10年以上従事 
・凝り性なので徹底比較や検証好き
📮 質問やお仕事依頼はお気軽に♪
プロフィールはこちら

iPadと玩具の伝道師"まめ"をフォローする

Apple Watchで睡眠記録がされない時の対策

「有効にする曜日」から土日を省いてはダメ

土日にブルブルアラームを止めたく、上部の「有効にする曜日」から「土日」を削除していました。
※Apple Watchは音を立てずに振動だけで起こしてくれます

土日を外していた
土日を外しているので計測されない

アラームだけ止まるものかと思っていましたが、スケジュール(写真左)から無効にした曜日は、睡眠スケジュールも測定されません。

よく見ると書いてあります

アラームは不要で、測定だけしてもらう方法を解説します。

週末は別の「スケジュール」を作成する

スケジュールは複数設定できる仕様になっています。

最下部「ほかの日のスケジュールを追加」から、週末だけの設定を別に作成します。

最下部から土日だけ別設定を作る

緑色の文字がそれぞれ独立した睡眠スケジュールです。土日だけアラームを無作動にし、睡眠スケジュールも長めに変更しています。

検索するようになりました

無事に土日も測定するようになりました。これで土日の睡眠測定もしてくれますよ。

ガン!剥き出しなのでよくぶつけますが、Apple Watchの修理代は3万円以上かかるのでヒヤリとします。

いつもと同じ使い方でも、剥き出しなので不意に割れることも。

月額300円で時計からスマホ、ネックレスや財布に至るまで全てを守る方法も、Apple Watchに備える価値あり。私も入っています。

クレジット付帯サービスも複数あるので、何も契約しなくても申し込める可能性もあります。概要だけでも把握しておいて損はありません。

Apple Watchの睡眠データが計測されない のまとめ

睡眠データが計測されない時は、土日だけ別の設定を作りましょう。

Apple Watchは子供を起こさずに自分だけ起きる目覚ましとしても使えるので、子育てをしている方にはとてもオススメですよ。

通知の確認や育児アプリの入力にも便利なので、ワーキングママ・パパはいちど使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました