iPad mini 6も対象のAmazonタイムセール開催中

iPad mini 6 脱着式ペーパーライクフィルムのレビューとメリット・デメリット

  • 脱着式フィルムって実際どうなの?
  • 一般的なフィルムと何が違うの?
  • メリットデメリットは?

以下のレビュー記事でも触れた「脱着式ペーパーライクフィルム」を購入してみました。

まず結論ですが、

裸で使いたいけど心配な人に超オススメ

裸使いについてくる傷の心配を解決してくれる素晴らしいアイテムだと思います。

合う合わないがはっきりしているので、適していると思えば、かなりおすすめできる商品です。

この記事を書いた人

・iPad miniが大好き
・妻は現役小学校教師
・子供とおもちゃで遊ぶのが至福
・iPadで時間を確保→スキル磨き→脱サラ
・iPadでプログラムとノーコードを0から習得

名前をタップすると、Notionで作成したプロフィールに飛びます。

📮 質問やご依頼はお気軽に♪

iPadブログ管理人:まめズボをフォローする
スポンサーリンク

購入した製品の概要と使い方

製品概要と使い方

ペーパーフィールフィルム笑

購入したのは「ペーパーフィールフィルム」という商品名でした。

まがいもの感が漂っていますね笑

一番有名なベルモンド製の商品ではないので(おそらくコピー商品かOEM)、ベルモンド製の方がもっと品質が高いと思われます。

私はpaypayフリマクーポンの使い先がなかったので、こちらで購入しました(1,500円)。paypayフリマの活用は別記事で紹介しています。

使い方

  1. iPad本体の埃を除去
  2. 画面に合わせてフィルムを装着

特に使い方に説明は不要ですが一応。

画面をきれいにする資材が付属しています。

よく画面保護フィルムについているやつです

着脱式なのでいつでも画面掃除はできますが、一応きれいにしてから貼ってみました。

全装備は以下となり、総重量は約340gとなりました。

  • iRing(詳細はこちら
  • Apple Pencil
  • Apple Pencilケース
  • 脱着式ペーパーフィルム(約14g)

体感値が変わるレベルではないので、ほぼ裸といえる重量です。

スポンサーリンク

脱着式ペーパーフィルムのメリット

書いていてもズレない

びっちりくっつきます

Apple Pencilで書いても、指で操作しても、指で本体を摘んでも、取れる気配がありません

むしろ脱着が大変なので、端っこにテープなどでツマミをつけてもいいかもしれません。

何度でもつけ直しができる

フィルムを貼るのが苦手な人には大きなメリットです。

自分が納得できる位置になるまで何度も貼ることができます。

ただし、後述しますが本体との間に隙間があるのでうまく貼れても埃が入り込みます

シーンに応じて柔軟に対応できる

  • 掃除する時だけ外す
  • 動画閲覧の時だけ外す
  • キーボード装着時に外す
  • 手書きする時だけつける

使う人の環境に応じて柔軟に対応できるのが大きなメリットです。

フィルムの上から貼ることもできる

すでにフィルムを貼っている人にも朗報、市販のフィルムの上から本製品を装着することができます。

マグネットが強力なので多くの商品と併用できると思います。

本当に紙に書いているような書き心地

ペーパーライクを使ったことはなかったのですが、びっくりする描きやすさでした。イラストや手書きがメインの人は絶対にペーパーライクの方が生産性上がると思います。

私はポインティングデバイスとしてApple Pencilを使いますが、それでも使っていて気持ちいいと思える描き心地です。

管理人
管理人

電車で使用時のコツコツ音もなくなり、周りを気にせず使える場面が増えました!

剥がすたびに「画面めっちゃ綺麗!」の感動を味わえる

普段裸で使っていたので感じませんでしたが、脱着するたびに感動を覚えます(本当に)。

このきれいな画面を隠し続けるのはもったいないので、いつでも剥がせるフィルムに感謝です。

スポンサーリンク

脱着式ペーパーフィルムのデメリット

見づらくなる

左はフィルムなし 右がフィルム装着

写真でもわかる通り、若干見づらくなります。

アンチグレア式フィルムを貼ってもこのくらいにはなりますし、光沢フィルムは光を反射して見づらくなるので、個人的には予想通りの視認性ですが、人によってはデメリットになるかもしれません。

フィルムと本体の間に隙間がある

本体とフィルムの間に隙間がある

フィルムと本体の間には2〜3枚紙が入る程度の隙間があります。

何度も貼り直しはできますが、隙間があるので内部にほこりが入り込むことがあります。

埃が入っても一般的なフィルムと違って気泡にはなりませんが、気になる方にはデメリットだといえます。

不思議なことに、ペンのタッチ操作に不具合が出る事はありませんでした。画面が大きかったら浮きが大きくなるので不具合が出るかもしれません。iPad miniのメリット?

BRYDGEキーボードと併用できない

フィルムの厚さで固定できない

個人的に1番大きなデメリットでした。

マグネット部分が思ったよりも厚いので、装着できません。

装着しようとするとフィルムが外れて、たわんで曲がってしまいます

このキーボードは簡単に脱着できる点が気にいっていたので、画面の傷とトレードオフになってしまいました。

BRYDGEキーボードの詳細は以下で触れています。

磁石式のケースと併用できない場合あり

公式販売されているFolioや、サードパーティーから出ている風呂蓋式のカバーとは併用できないかもしれません。

フィルム自体がマグネットで装着されているので、カバーと一緒に外れてしまう可能性があります。

裸運用しているので試すことはできませんが、磁石の干渉問題は頭に入れておいた方が良いでしょう。

Apple Pencilの摩耗が気になる

非常に良い書き心地なのですが、ペン先の摩耗が気になります。

こればかりは長期間使ってみないとわかりませんが、書き込み時に抵抗があるので通常より早く磨耗するのではないかと思っています。

フィルム側に傷がつくかと思っていましたが、現状フィルムに傷は見当たりませんでした。

数週間使ったフィルムの状態

カバンにしまう時に引っ掛けて、1カ所凹みがついてしまいましたが、apple Pencilの使用や通常使用で傷はついていませんでした。

また、下図の四隅の白枠部分にはマグネットがないので、引っ掛ける可能性があることがわかりました。フィルムも浮いている隅があります。

iPad mini 6 脱着式ペーパーライクフィルム

LINEの送信ボタンがちょうど浮いている隅にあり反応しにくい?と思ったことがありましたが、フィルム付け外しで元に戻りました。操作感に大きな影響はなさそう。

浮いていても意外と押せちゃう隅っこ

気になるのはApple Pencilのペン先摩耗ですが、肉眼ではよくわかりませんでした。少し黒くなっている気もしますが、摩耗なのか汚れなのかは判別できませんでした(一度落としたので汚れかも)。

汚れか摩耗か判別不能

総じて満足感を下げるものではありませんでしたが、気になる人もいると思うので一応

スポンサーリンク

こんな人には適している

こんな人にはオススメ
  • 裸で使いたい欲と傷防止の思いが両立している(重要)
  • イラストや手書きするケースが多い
  • iPad mini6を裸で使っている
  • フィルムをうまく貼れない
  • キーボードは分離型でOK

私はイラストや手書きで使用するケースはほぼありません。

それでも、キーボードが装着できない意外の許容できないデメリットは見当たりませんでした。

  • フィルムを貼ることに抵抗がない人は一般的なフィルム
  • 裸も楽しみたい人には脱着式フィルム

棲み分けができる良い商品ですね。


フィルム+保険もあり
  • 完全に裸で使いたい人
  • 傷だけでなく落下や水濡れの対策も気になる人

うまく保険を選んでおくと、傷+破損を防止できるので売却時に有利になります。

あまり知られていませんが、クーポン等で月額がほぼ無料になるにも関わらず、プチ保険がついてくるauスマートパスプレミアムは、間に合うなら加入の価値ありです。

スポンサーリンク

脱着式ペーパーライクフィルムの使い勝手 まとめ

  • つけっぱなしでも問題なし
  • 裸使いを阻害する要素なし
  • 想像以上の快適な書き心地

良い商品だろうなと予想して購入しましたが、予想通りの結果となりました。

カバンに雑に入れても外れることがないので、持ち運び時はこちらのフィルムで傷を防止してみたいと思います。

今回購入したPayPayフリマの商品でも満足感○ クーポンで1500円

↓こちらが一番有名なもの

着脱不可のよく似た商品があるのでお間違い無く!こちらは着脱できません。

タイトルとURLをコピーしました