【最大34.5%還元 最後の日曜日】コンタクトレンズ、iPad 大きい買い物はお忘れなく(エントリー→欲しいものを検索)

iPadの最適キーボードアプリをさがす【たどり着いたオススメの入力方法も紹介】

  • iPadでオススメのキーボードアプリが知りたい!
  • 画面キーボードを使うメリットって何?
  • 有料キーボードアプリの正直な感想

iPadには物理キーボードが便利!

そんなことはわかっているけど
使えない場面もあります

  • 物理キーボードは荷物になるから持ち歩きたくない。。
  • 通勤時の利用なので、キーボードを広げるスペースがない
  • 文字入力の機会が少ないからBluetoothキーボードほどでは・・

そんな方に向けてオススメのキーボードアプリを紹介します。

板一枚で完結したい!iPadの不便さも愛して使いたい!iPadを使っていると誰しもこの欲求を抑えられない時期が来るものです。多分。

iPad一枚の入力環境
最終的な結論はこれ
  • キーボードは純正
  • 音声入力とペンを活用
  • Bluetoothキーボードも少し活用

有料アプリも購入したけど、結局使っていません

よく紹介されるアプリを全て使ってみた結果なので、結論に至った経緯も紹介したいと思います。

この記事を書いた人

・iPad miniが大好き
・妻は現役小学校教師
・子供とおもちゃで遊ぶのが至福
・iPadで時間を確保→スキル磨き→脱サラ
・iPadでプログラムとノーコードを0から習得

名前をタップすると、Notionで作成したプロフィールに飛びます。

📮 質問やご依頼はお気軽に♪

iPadブログ管理人:まめズボをフォローする
スポンサーリンク

iPadで画面キーボードを使うメリット

画面キーボードのデメリットは「見にくい・使いにくい」と明確

ここではあえてメリットを認識しておきましょう。

iPad一枚で完結の満足感

最低環境でのiPadを楽しむ

わかる人にしかわかりませんが、「板1枚で解決」はなんとも言えない達成感(?)があります。

「ミニマリストやってるー!」という気分も味わえます。

もちろんBluetoothキーボードの方が快適、画面キーボードは正直使いにくいです。

最高環境のBluetoothキーボードは、場面を選んで使えばいいのです。

iPad一枚の不便さを楽しむのも
iPadの醍醐味の一つ

持ち運ぶ荷物が減る

Bluetoothキーボードはカサばるので、荷物を減らすのが目的でキーボードアプリを探すことも多いと思います。

Ewinのように折りたためて軽いキーボードでも、ボディバッグに忍ばせておくのは結構邪魔です。
(気にならない方は常に持ち運ぶ選択を取ります。便利なので。)

軽快に持ち運べる端末なら
その軽快さ最大限に活かしたい

こう思うのは自然なことです。

スッと一枚iPadを入れて出かける。この満足感のために画面キーボードを探しているワケです。

物理キーボード探しからの解放

人によりますが、最高のキーボードを求める旅は、なかなか終わりません。笑

現状自分が考える最適解にはようやくたどり着きました(詳細は以下の記事にまとめています)。

しかし、より良いキーボードは間違いなく出てくるでしょう

その度に他社も革新的な商品を出してくるので、旅はなかなか終わりません。

良いキーボードを探す手間や、買ってみたら残念だったという後悔は、ストレスになるかもしれません。

それならば潔く「画面キーボードで生きる!」を選ぶのも悪くありません。

スポンサーリンク

iPadでオススメのキーボードアプリ

結論:iPadの持ち方でベストキーボードは変化する

普通はアプリ一つに絞って「一択!」となるかもしれませんが、実際に全部使ってみたらこの結論に辿り着きました

iPadキーボード
たどり着いた答え
  • 持ち方によってベストキーボードは異なる
  • 純正キーボードの汎用性はナンバーワン
  • キーボードの代わりとなるApple PencilとAirPods

結論に至った経緯を紹介します。

試してみたキーボードアプリ

  1. (無料)‎HAYATE(早手)
  2. (有料)‎片手キーボードPRO
  3. (無料)純正キーボード
  4. (無料)Gboard
  5. (無料)Simeji

片手キーボードPRO以外は無料なので、ダウンロードして試すのがオススメ。

オールラウンダーなのはやはり純正でした。

省いたアプリ

  • ATOK
    有名ですが、月額課金のため。フラワー入力は画期的でしたが、個人的にはどうも慣れませんでした。
  • FlickKeyboard
    早手と同じ製作者のアプリ。かなり尖っており、私は少し触って挫折しました。笑
    慣れが必要。

キーボードアプリランキング TOP3

使う体制は以下の4パターン

  • たて画面(立ちながら使用)
    ※通勤電車を想定
  • たて画面(机に置いて使用)
  • よこ画面(立ちながら使用)
  • よこ画面(机に置いて使用)

それではTOP3のアプリについて、得意不得意を見ていきましょう。

純正キーボード
純正

【強い場面】
・たて画面 立ち
・よこ画面 机(QWERTY)
【弱い場面】
・たて画面 机
・よこ画面 立ち
フローティング・分割・フルキーボードをストレスなく行き来できるのが最大の特徴。
利用シーンに合わせて瞬時にキーボードの形状を変えることができます。
純正ならではのアプリ安定感も超メリット。
変換候補も安定していて使いやすい、文句なしの一位でした。

HAYATE(早手)
縦画面HAYATE

【強い場面】
・全部
【弱い場面】
・特になし
両手打ちに振り切った配列で、画面キーボードを活かしたすごいアプリ。
マークダウン、数字入力、コピペ、検索機能などかなり考えて作り込まれている点も面白い。
設定項目が細かいので1日いじり倒せます。
苦手な面がなく一強に思える一方、片手打ちへの切り替えが面倒・動作が不安定・変換候補が弱い・Spotlight検索に対応していないなど弱点が多い。
キーボードが消えてしまいアンインストール以外解決策がなくなることもマイナス点でした。

片手キーボードPRO
片手PRO

【強い場面】
・たて画面 机
・よこ画面 机
【弱い場面】
・たて画面 立ち
・よこ画面 立ち
細かなこだわり設定が多く、オーダーメイド感のあるキーボードを実現可能。
動作の安定性、英字入力の明確さ、片手持ちモードと両手持ちモードの切り替え、サブキーボードが便利で依存性強し。
ボタンが大きく両手タイピングが快適だが、立って両手持ちは指が届かないので扱いにくい。
予測変換が弱い・キーボードを真ん中付近に移動できない点が惜しい(フローティングにしておば可能だが、メリットが薄れる)。

GboardSimejiはとても使いやすいですが、特徴がないのでランキング外となりました。iPhoneには良いと思います。

結局純正かよ!と思われるかもしれませんが、使いやすいのは純正でした。

大きな理由は
「安定性・変換候補・柔軟性」

iPadはiPhoneとは異なり、持ち方使う場面がコロコロ変わります

これに即座に対応できる純正はやはり強かった。

純正の弱点は、フローティング時に両手でタイピングするとキーボードの移動と判定されてしまうことです。

純正はとにかく両手打ちに弱い。広げると謎の50音配列になるので机の上でも高速タイピングはできません。

この問題はApple Pencilを使うとある程度解決するので、後述します

使い勝手で見ればHAYATEはすごい

安定性を無視すれば、HAYATEはかなり考えられたアプリです。

iPadキーボードは移動が大切
両手打ち超特化のHAYATEは移動機能もあり

通勤などの立ち姿勢では純正かHAYATEの二択と言えるでしょう。

移動性の高い純正フローティング、外部アプリで匹敵する性能を兼ね備えたのはすごい。

HAYATEはマークダウンも入力しやすい

マークダウンとは、テキストエディタ(編集アプリ)で仕事をする人が使うコマンドのようなものです。

#や/の入力がしやすく、iPad両手打ち画面キーボードのみで仕事をしたいなら一択と思えるこだわりです。

左上「数→」で数字入力ができるのも便利です。

左上の数ボタンが使いやすい
タップで入力切り替え、右にスワイプで数字入力モード

例えば、このまま左手の指を「5」において左指を離すと「5」を入力。

左手を「5」に置いたまま右手の「連続入力」を押すと、押すたびに「5」を連続で入力。

慣れないと操作に悩みますが、慣れたら超速入力できそうです。

あとこれだけほしかった!
  • 両手に9マスキーボード(打ちにくくなるかもしれないけど、そのまま片手にも対応できる)
  • 文字ボタンのサイズ変更(特にiPad mini の縦画面はきつい)
  • 左下の閉じるボタンは真ん中に欲しい(濁点をつけるときにキーボードを閉じてしまうことがある)
  • 動作の安定性

アプリ開発は大変なので惜しいところは仕方ありません。

純正に付けて欲しい機能満載で開発者称賛です。

スポンサーリンク

試して欲しい「純正+他デバイス」という選択肢

Apple Pencilをキーボードにする

Apple Pencilは
絵を描くだけじゃ無い

電車で使うならこれ以上の入力デバイスはありません

Apple Pencilで
文字入力のメリット
  • どの画面向きでも対応可能
  • 手を動かす距離が最小
  • 小さいボタンや画面端にも余裕で届く

Apple Pencilを持つと「やっぱり使いやすいのは純正キーボード」と思えるはずです。

「入力が早い」とまでは言えませんが、Bluetoothキーボードを持ち運ぶよりも手軽で良いバランスです。

「純正は高すぎる…」という方には、360 lifeでS評価を取った「RICQD S10」でも十分だと思います。

充電は有線ですが、なかなかの価格破壊。絵は描かないので壊れたら私もこれにすると思います。

Apple Pencilの密かなメリットとして、両手と判定されないためフローティングキーボードの移動が起こりません。

ただし一長一短で、指よりもApple Pencilが優先されるため、指を離す前にApple Pencilが触れてしまうと、指で入力した文字は無効化されてしまいます。

ペンと左手のダブル入力は癖がありますが、慣れると結構早い入力方法になります。

AirPodsをキーボードにする

物理キーボードも超える
音声入力

キーボードにこだわりすぎて音声入力を見落としていませんか?

声を出さなければいけないので利用シーンに制限はありますが、最も効率が良いのは音声入力です。

音声入力の体験は、AirPodsがなくても可能です公式サイトの設定解説ページはこちら)。

AirPodsがあればより手軽に、小さな声で文章作成が可能です。

便利さは以下の記事でも紹介しているので、よかったらご覧ください。

AirPodsも純正は高いので、360life推奨の「Beats Fit Pro」や他のマイク付きイヤホンもアリです。

Bluetoothキーボードは利用シーンを考えて

持ち運び性能ばかり重要視すると、使うシーンにそぐわない可能性があります。

私は「電車で使いたい」が狙いだったので、膝の上で使える&使いやすい製品を使っています。

膝の上で使えるキーボード
膝上で使えるMagic Keyboard

カフェで使う人は折りたたみ・家で使うならフルキーボードと利用シーンに合わせて選びましょう。

当記事を見ていただいている方にはBluetoothキーボードは不要かもしれませんが、一応おすすめも書いているのでよかったらどうぞ。

スポンサーリンク

エンジニアに見て欲しい理想のキーボードアプリ

こんなキーボードが欲しい
  • iPhoneをiPadのキーボードとして活用したいRemoteMouseのiPad版)
  • コマンドやALTなどのパソコンキーボードボタンも欲しい
  • 日本語のなぞり入力やApple Pencil特化の入力がしたい

iPadのキーボードはこんなのが欲しい!という勝手な妄想です。
エンジニアに届いて実現することを夢見て・・当サイトでプッシュするのでどなたかお願いします。笑

こんなキーボードがもし出れば、追加したいなと思います。

管理人
管理人

iPhoneをキーボードにできる未来はAppleが実現してくれそうな気がします。

スポンサーリンク

まとめ

  • おすすめキーボードアプリは純正 or HAYATE
  • Apple Pencilや AirPodsの併用がオススメ
  • 無料アプリばかりなので、とりあえず試せばOK

様々なキーボードアプリを試した結果、純正が一番!という、ある意味「面白くない結果」となりました。

それほどApple製品は作り込まれている証でしょうか。

Apple PencilやAirPodsをキーボードとして使うのは本当にオススメなので、併用していない方はぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました