Mac純正ソフト「ガレージバンド」でYoutubeの曲を編集して運動会や学芸会で再生する方法

  • MacBookでYoutubeの楽曲を編集したい
  • 運動会や学芸会で流す音楽を作りたい
  • 無料ソフトで解決したい

Youtubeの音源編集を知らないと、CDを借りてきたり、曲を丸々使ったりと不便が多いです。

先生向けの記事ですが、Youtubeの音源編集をする全ての人が使える方法です。» 先生向けの他記事はこちらから

音源編集の知識なしで音楽を作るのは大変です。本記事では、知識0の方に向けて以下の内容をまとめました。

  • Youtubeの音源を抽出する方法
  • ガレージバンドの編集方法
  • 曲の合体や同時再生の方法

本記事を読むことで、Apple純正の「GarageBand」で簡単に、無料で音源作成する知識が身に付きますMacBookをお持ちの先生や音源を必要とする方は、ぜひ活用してみてください。

毎年編集する方は、お気に入り登録して来年もご使用ください。

音源BGMを自動的に生成してくれるアプリもあります。動画や写真がすでにあってBGMに困っている方はAmBeatが手っ取り早くて便利です。

作りたい曲のイメージを入力するだけ
※音が出ます
商用利用できるAIの自動BGM音源作成アプリです
10曲/月まで無料で使えます
この記事を書いた人

・iPadを使い倒すフリーランス
・妻は現役小学校教師でiPadを活用
・前職は補償関連に10年以上従事 
・凝り性なので徹底比較や検証好き
📮 質問やお仕事依頼はお気軽に♪
プロフィールはこちら

iPadと玩具の伝道師"まめ"をフォローする

YouTubeから音源を抽出して編集する方法

YouTubeからmp3音源を抽出する(無料)

以下のサイトを使って、YouTubeからmp3(音楽データの形式のこと)を用意します。

» y2meta.com(新しいタブで開きます)

ダウンロードを押す

赤枠部にYouTubeのURLを貼り付けると、ダウンロードボタンが出てきます。

こんな形で表示されたらmp3を選択してダウンロード

形式選択の画面が出た場合は「mp3」を選択して、音質(128kbpsあれば十分)を選んでダウンロードを押しましょう。

どの操作においても、関係ないタブが開く場合はハズレなので閉じてください数回繰り返すと、ダウンロード画面が始まります。
広告を見せるための仕様なので、めげずに何度か押しましょう。

何回もトライするとダウンロードできます

上の画面のように、ダウンロードが成功するとPCに保存されます。

ガレージバンドでmp3を編集する方法

空のプロジェクトを作成しましょう

ガレージバンドを起動すると、プロジェクト選択画面がでます。「空のプロジェクト」を押して、選択ボタンを押しましょう(表示されない場合はメニューから「ファイル」「新規」を選択)。

オーディオ→作成

マイクアイコンから作成オーディオのマイクアイコンを押して、右下の作成を押しましょう。

mp3をドラッグ&ドロップするとこの画面になります

前項でダウンロードしたmp3をドラッグ&ドロップすると、上の画面になります。

再生ボタンと再生部分の調整ができる

曲の再生は赤枠部分で行ない、再生部分は緑線を動かすと調整できます。青くなっている部分を動かすと、曲全体の再生位置を変更することができます。

再生されている秒数を確認するための設定

曲の何秒目が再生されているかを確認したいときは、トグル(▼)を開いて「ビートとタイム」もしくは「タイム」を選択しましょう。

リズム管理機能はオフにしておきましょう

メトロノームと1234マークはオフにしておきましょう(リズムを取ってくれますが、曲の編集には不要です)。

チェックポイント

運動会の場合は曲を短縮したいので下段に同じmp3をドラッグ&ドロップします。

2曲を使って「0~30秒まで」と「3分以降」部分を作成し合体させるイメージです。

曲の短縮は2曲取り込んでつなげる

2曲を編集して、うまく繋げましょう。別の2曲を合体したり、同時再生したい場合は、同じように2曲目のデータを取り込みましょう。

終了マーカーで曲の長さを調整

曲全体の長さは終了マーカーで調整します。「終了マーカー」は一番後ろについているので、希望の秒数まで移動しましょう。ピンチアウトとピンチインで編集区域を調整できます。

音量のフェードインとフェードアウトについては、こちらの記事が非常にわかりやすかったので参考にしてみてください。
※だんだん音量を大きくしたり小さくしたりすること

曲の編集が終わったら、以下からはmp3の保存方法を解説します

mp3で保存

普通に保存すると「ガレージバンド形式.band」になってしまうので、上部のメニュー「共有」から保存しましょう。

保存は「共有」から

mp3になっていることを確認し、「書き出す」をおして保存場所を選びます。あとはAirDropやメールなどで再生する端末に移動すれば完了です。お疲れ様でした。

GarageBandで楽曲の編集 まとめ

  • YouTubeをmp3音源に変換
  • GarageBandで編集
  • 共有メニューで保存

先生は音源の確保が必要な場面も多いので、Macパソコンを持っていれば参考にしてください。

仕事のやり方を劇的に変える教師のiPad活用術もよかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました