PR

緊急!Apple端末のパスコード忘れやアクティベーションロックの強制解除ツール「Passvers iPhoneロック解除」

  • 中古iPadでロックがかかっている
  • 「iPhone/iPadを使用できません」
  • パスワードを忘れてしまった!

iPhone/iPadが使えない!
私も経験していますが、ロックがかかるとものすごく焦ります。

  1. 中古のApple端末が使えない状態で届いた
  2. 子供が触ってロックがかかった

上記の2パターンが多いと思います。

結論
ツールを使えば以下の端末ロックを強制解除できます
 1.スクリーンロック(Touch id、Face idを含む)
 2.スクリーンタイムパスコード
 3.Apple ID
 4.iCloudアクティベーションロック
 5.MDMの解除
ただし、③④には注意点があるので必ずご覧ください。

前所有者と連絡が取れない場合の、最終手段として使ってみてください。

iPad活用サイトを運営する管理人が解説します。

・iPadを使い倒すフリーランス
・前職は補償関連に10年以上従事
・Notion公認資格を2つ保有
 » その仕事、楽になります 
・妻はiPadを使う現役小学校教師
 (キッズコーチング1級)

📮質問やお仕事依頼はお気軽に♪
» お問い合わせ
» プロフィール

ダイスをフォローする

iPadを手帳化して趣味に没頭できるタスクツールを公開しました。

» 趣味に全力するためのNotionタスク管理テンプレート

iOSのロックを強制解除する方法

ツール紹介とできること

今回解説するソフト「Passvers iPhoneロック解除」はパソコンを介してiOS端末に接続して動作します。

Passvers iPhoneロック解除
動作対応OS

OS対応バージョン
WindowsWindows 11/10/8.1/8/7に対応
iOSmac OS10.10およびそれ以降に対応
2023年12月現在

Passvers iPhoneロック解除の料金プラン

 月間ライセンス年間ライセンス永久ライセンス
価格(税抜き)3,880円4,880円8,880円
OSWindows・MacWindows・MacWindows・Mac
利用可能な台数6台のiOSデバイス
1台のPC/Mac
6台のiOSデバイス
1台のPC/Mac
6台のiOSデバイス
1台のPC/Mac
注意事項自動更新
いつでもキャンセル可能
自動更新
いつでもキャンセル可能
生涯無料アップグレード
参考:公式HP

動かない端末が復帰すると思えば料金設定は安めです。

Passvers iPhoneロック解除は、4種類のiOSロックを解除できます。

  1. スクリーンロック
  2. スクリーンタイムパスコード
  3. Apple ID
  4. iCloudアクティベーションロック
  5. MDMの解除

それぞれの解説の前に、一番大きなデメリットが生じる「アクティベーションロック」について解説します。

アクティベーションロックとは

アクティベーションロックとは、紛失時に役立つ「iPhoneを探す」に含まれる機能です。

引用:紛失した Apple デバイスや AirTag を「探す」を使って探す

紛失や盗難にあった際に、第三者がデバイスを使う被害を防げます。

アクティベーションロックは、「探す」をオンにすると自動的に有効になり、解除するためにはApple IDのパスワードやデバイスのパスコードの入力が必要です。

紛失時には安心なセキュリティ機能ですが、中古端末を購入した場合には注意が必要。

前所有者がアクティベーションロックを解除していない場合、新しいオーナーは端末を使用できません。

アクティベートの正規解除方法

前所有者と連絡がつく場合、以下の方法でアクティベーションロックを解除できます。

  1. www.iCloud.com/find にアクセスします。
  2. Apple ID、メールアドレス、または電話番号でサインインし、パスワードを入力します。
  3. iCloud から削除するデバイスを選択します。
  4. 「アカウントから削除」をクリックします。

連絡がつかない場合、正規の解除法はありません。

以下の注意点を把握し、最終手段として「Passvers iPhoneロック解除」を使ってください。

強制ロック解除の注意点

大きなデメリットは以下の2点です。
どの類似ソフトを使っても同じデメリットがあります。
» ロック・パスワード解除ソフトの詳細はこちら

  • 端末内データが全削除される
  • 脱獄が必要な場合がある

ロックの種類に応じた一覧は以下の通りです。

解除項目
スクリーンロック
(4/6桁のパスコード、Face ID、Touch IDに対応)

スクリーンタイムパスコード

Apple ID

iCloudアクティベーションロック

MDMの解除
端末内データ全データ消去iPhoneを探すが
オフ:残る
オン:全消去
iPhoneを探すが
オフ:残る
オン:全消去
全データ消去残る
脱獄の
必要性
不要不要不要必要不要
備考パスコードを消去してから、デバイスのデータが消去され、最新のiOSバージョンにアップデートされます。「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。
※iOS12以前であれば、オンの状態でも解除可能。
削除後にiPhoneを復元する等で旧IDに紐づいてしまいます。
※旧 IDが不明の場合はアクティベーション解除が必要
脱獄時の注意事項を参照。「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。
Apple公式の
解除方法
Apple公式Apple公式Apple公式Apple公式Apple公式
参考:公式HP 提供元へ確認して作成しておりますが、必ずご自身で確認してからご使用ください。

端末内データについては、現在iOS 11.4以降が主流なので、基本は全消去となります。

脱獄について、追加で解説します。

デバイスは脱獄状態になる。

脱獄とは、Appleが設けている色々な制限を非正規に解除することです。

参考記事の通り、セキュリティ面や保証の対象外となるデメリットがあります。

それ以外にも、以下の操作をするたびにアクティベーションロックが再度かかります。

  1. 再起動
  2. Apple IDでログイン
  3. 電話
  4. モバイル通信を使用

解除のたびにパソコンとつなぐ必要があるのがデメリットです。

アクティベーションロックの強制解除は、iPhoneの保護プログラムを回避して実現しています。
上記の動作をするとiPhoneの保護プログラムが再度稼働し、ロックされてしまいます。

iPhoneだと致命的なデメリットですが、幸いにもiPad(Wi-Fi版)の場合はそれほど問題にならないケースも多いです。

デメリット把握した上で使用有無を判断してみてください。

「Passvers iPhoneロック解除」の使い方

公式HP、下の方にパターン別の操作ガイドがあります。

各詳細は割愛します。

ツールの使い方や懸念点は公式のサポートページで教えてもらえるので、不安を払拭してから検討してみてください。

アクティベーションロックやパスワード忘れの対策ツールまとめ

  1. まずは公式サイトの方法で解決
  2. デメリットが問題ないか確認
  3. どうしても無理ならツールを使う

前所有者に連絡が取れない場合、本当に何もできないただの文鎮になってしまいます。

iPhoneだと困るデメリットも多いですが、iPad Wi-Fi版であればそこまでデメリットもなく良い方法といえます。

本当に困ったら買い換え前にお試しださい。

新規購入時はスマホ保険も忘れずに。

コメント