【シャー!】ビーストウォーズ ブラックアラクニアのレビュー【キングダムKD-05】

ビーストウォーズよりブラックウィドーのレビューです。

アニメを見ていた人にはブラックウィドーの方が親しみやすいですが、玩具名はプラックアラクニアです。

手に取りやすい価格でよく動く。現代の技術力を思い知る玩具でした。

\ 声優の無法地帯と言われるアニメ! /
この記事を書いた人

・iPadを使い倒すフリーランス
・妻は現役小学校教師でiPadを活用
・前職は補償関連に10年以上従事 
・凝り性なので徹底比較や検証好き
📮 質問やお仕事依頼はお気軽に♪
プロフィールはこちら

iPadと玩具の伝道師"まめ"をフォローする

ビーストモード

しっかり自立する蜘蛛

体は小さいものの、しっかり蜘蛛の形をしています。

足は一体パーツですが、関節がしっかりしている上に胴体が軽いので簡単に自立します。

スパイダーマンで見たような姿

上から見るとまさに蜘蛛マーク。

裏側みっちり

裏側を見るとパーツ密度がわかります。空間を余すことなく活かすこの構造はすごい。

顔が怖いですが、実際は武器パーツも胴体下に装着するので隠れます。

お尻がわ
足の関節で表情付け

関節ボールジョイントで自由度が高いので、表情付けが簡単です。

これだけ見ると、どうやって変身するのか想像がつきません。

こんなディスプレイ方法も

軽く、引っ掛ける足も多いので、土台などがなくても飾れます。

ウイングフィンガーもそうでしたが、ディスプレイ方法が多い玩具は場所を取らないのでおすすめです。

ロボットモード

よく動くロボットモード

足関節に癖はありますが、総じてよく動きます。腰が可動すればなお良かった。

手持ち武器付き

特にギミックはありませんが、手持ち武器が付いてきます。

アニメでは触手がマシンガンになってました
後ろから見てもスリム

ガワもほぼなく、後ろから見てもこんなにスリム。シルエットが綺麗です。

足の可動

足は前方向にこの程度しか上がりません。横方向にはしっかり開きます。

前方向にもう少し足が上がれば、さらにいろいろポージングができたのに少し残念です。

ブラックウィドー ギャラリー

ライノックスに乗せて

足は横方向には自由が効くので、またがるポーズは得意です。

マッハキックに乗せて

軽いので落ちることもなく安定しています。

かれぴと

こんなシーンがあったような無いような。

ロボットモードのシルバーボルトと

良い組み合わせ。

なにげに優秀なシルバーボルト

おまけ。手がしっかりしているので、足を伸ばせば浮遊にも見えるはず。

足はロール可動もあるので内股も。

太ももは回転できるので内股も可能。

首も可動があるので、うつむかせて撮影していたらいけない雰囲気になってきました。

アラ・クニア(26)
可動の解説ですよ

あくまでも可動の解説なので、いけないことをしているわけではありません。

背中の側を倒すと、首は後方へも可動します。

アイアンスパイダーと

蜘蛛モチーフな上にサイズ感もちょうどよく、MAFEXアイアンスパイダーと並ぶと同作品かのような親和性です。

メタルスブラックウィドー

進化系のメタル酢ブラックウィドーと。どちらもロボットとは思えない妖艶さです。

キングダム ブラックウィドー(ブラックアラクニア)まとめ

グラビアも可能

変形過程も面白く、可動も優秀でポージングも多彩。

低価格帯トランスフォーマーですが満足度は高いと思います。中古で3千円くらいなら手に取って後悔はない製品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました