【Notion】リレーションとロールアップの使い方【フリマ・せどりの売買記録を管理】

  • Notionのロールアップとリレーションの使い方を知りたい
  • フリマアプリの管理(仕入・売上)を行いたい
  • せどりの管理でエクセルを使いたくない・使えない

Notionで使えると便利なロールアップとリレーションについて解説します。

せどりの管理表を例に、使い方を学んでいきましょう。

この記事を書いた人

・iPadを使い倒すフリーランス
・妻は現役小学校教師でiPadを活用
・前職は補償関連に10年以上従事 
・凝り性なので徹底比較や検証好き
📮 質問やお仕事依頼はお気軽に♪
プロフィールはこちら

iPadと玩具の伝道師"まめ"をフォローする

リレーションとロールアップの使い方

リレーションとロールアップを使うには、データベースが二つ以上必要です。せどりの管理表を例に構成から説明します。

「フリマの売買記録」ノートの構成(複製OK)

公開していますので、複製したい方は下記リンクからどうぞ。

仕組みの理解が不要な方は使い方の部分まで飛ばしてください。

中身を見ていただくと、データベースが二つ並んでいます。

購入したものと売却したもの、それぞれデータベースを作成し、リレーションでつないで管理します

データベース① 購入物一覧

こちらは単純に購入したものを登録していくためのデータベースになります。

赤枠部分がリレーションというプロパティになります。使い方は後ほど説明します。

このデータベースは、購入したものを1つずつ登録するという前提で作成しています(例えば○△□の3種類セットを1000円で購入した場合は、○300円 △300円 □400円のように商品ごとに分けて登録)。

一定の在庫から減算していく場合は、プロパティや関数を修正して使ってください。

データベース② 売却セット

こちらは売却したものを登録していくデータベースです。

赤枠:リレーション
売却した商品をデータベース①から複数個選択します。

青枠:ロールアップ
赤枠で選択した商品の購入価格が自動的に計算されます。

黄枠:売買利益算出の関数
売却額と、青枠で計算した購入額計の差分を計算します。

各プロパティの設定方法

それではリレーション、ロールアップ、関数の設定方法を説明します。

リレーションの設定方法

どちらのデータベースから設定しても大丈夫です。

プロパティ→新しいプロパティ→リレーションと選択し、二つのデータベースを連携します。

後述する使い方でわかりますが、
連携したデータベースからデータページを選択して丸ごと紐づけして使います。

ロールアップの設定方法

今回はデータベース②に設定しています。

ロールアップは紐付けたデータページの、プロパティを引っこ抜いて使用することです。

「リレーション」「プロパティ」「計算」と並んでいるので、まずは一番上のリレーションを選択します。

先ほどリレーションで連携したデータベースが表示されます。

リレーションを選択すると、中段下段の両方を変更することが可能になります(下画像)。

データベース①のプロパティが選択肢に
参考:こちらはデータベース①

今回はデータベース①から売れた商品の購入額をひっぱりたいので、購入額を選択しましょう。

購入額の合計を知りたいため、「合計」を選択します。

いろいろな計算方法があるので、使ってみるのが一番です。「一意の値を表示する」は中段プロパティを「ジャンル」にするとわかりやすいです。複数の商品で同じジャンルを選択している場合には、ジャンルの表示が1つだけに絞られます。

関数の設定方法

今回は差分を計算するだけなので難しい事はありません。

関数prop()で売却額と購入額計の数値を使って引き算します。

関数の基本的な使い方は以下の記事で説明しているので、参考にしてください。
» 【Notion】Formulaの使い方の基本、if関数と四則演算

各データベースの使い方

データベース① 購入物一覧

こちらは購入したものを登録していくだけです。リレーションは入力する必要はありません。
※入力はどちらのデータベースからでも行えますが、この使い方では必要ないという意味です。

画像やURLも一緒に管理したい場合は、新しくプロパティーを作ると使い勝手が上がります。

データベース② 売却セット

売却したらデータベース①から売却物を選択し、売却額を登録していきます。

リレーションDBが表示される
売ったものを選択
選択するとこうなります
確定するとこのように登録されます

ここまで入力したら、こちらのデータベースの更新は終了です。

リレーションデータベースから売却したものを選択すると、自動的に購入額計と売買利益が計算されるようになっています。

データベース 合計行の出し方

合計の表示であれば関数は不要です。標準機能として搭載されているので、以下の通り設定しておくと便利です。

チェックボックスの数を数えたり、平均を表示したり、標準機能で日常生活には十分な関数を使うことができます。

実例

私は玩具の売買記録をこちらで管理しています。

少し手が加えてあって、売却予定お気に入りというチェックボックスのプロパティを追加しています。

「残っているもの」と「売却予定」はデータベース①にフィルターがかかっているだけの表示用です(右上がりの矢印がつきます)。

商品を絞りたい場合に、いちいちフィルターをかける必要がなくなる方法です。

損益の計算方法

「残っているもの」で、自宅に残っている商品の購入額計がわかります。

このようなフィルターをかける
残っている商品の価格
売却利益

せどりでガッツリ利益を上げようとしている運用ではないため、残っている商品というのは単なるお気に入りの購入額合計です。

お気に入りの商品を購入するのに43,176円使っていますが、利益が28,462円あるため、実質14,714円でお気に入り商品を全て購入できたことになります。

お気に入り商品は玩具カテゴリーでレビューをまとめています。

リレーションとロールアップの使い方 まとめ

  • データベース二つ以上を連携する便利な機能がリレーションとロールアップ
  • リレーションは別のデータベースから各データを丸ごと引っこ抜いて紐づけること
  • ロールアップは紐付けた各データの要素を引っこ抜くこと

簡単な売買価格計算やせどり管理は、リレーションとロールアップが便利です。

ご自身が管理したい項目に合わせて、プロパティーを追加してご活用ください。

created by Rinker
¥780(2023/01/29 15:02:35時点 Amazon調べ-詳細)

【Amazonの電子書籍読み放題サービス】を使って無料で読めます(2023年1月現在)。

\ 30日間0円でお試しできる! /

Notionはノーコードと呼ばれるITスキルの一つ。Notionではできないアイディアの具現化や起業に興味があれば、他のノーコードツールも試してみてください。

» 挫折率の高いプログラミングよりも「ノーコード」でアプリをつくろう

※ノーコード = コーディングせずにWebアプリを作るITスキル

コメント

  1. mak より:

    コメント失礼します。
    notionで在庫管理をする際、同じ商品が複数あるパターンの場合に【数量100】から1個ずつ【売却したもの】に移していくということはできるのでしょうか?

    • makさん
      コメントありがとうございます🫒
      リレーションやロールアップを使わず、一つのデータベースで管理すれば擬似的には可能です。
      売却数を入力したら、初期在庫から減算していけば、現在庫を自動的に表示  など。
      例 prop(“初期在庫”) – prop(“売却数”)
      「移していく」という表現とは異なるかもしれませんが、仕入額と売却額が決まっていれば利益管理もできそうです。
      ボタンを押したら〜を実行 みたいな機能があれば便利なんですけどね😭
      標準機能で実装するには、おそらくこれが最も簡単な方法かと思います。

タイトルとURLをコピーしました